スギ花粉症・ダニのアレルギー性鼻炎の舌下免疫療法           

舌下免疫療法とは?

zekka001.jpg

これまでの薬治療とは異なる新しい治療です。現在ある抗アレルギー薬は症状を抑えるだけで、アレルギー体質を変えることができません。舌下免疫療法は、病気の原因となるもの(アレルゲンと言います)を少ない量からゆっくり増やして体内にいれて、アレルギー体質を徐々に変えていくことを目指した治療です。新しい治療法として2014年にスギ花粉症で初めて保険適応となりました。さらに、ダニのアレルギー性鼻炎にも2015年に保険適応となりました。

ダニのアレルギー性鼻炎とスギ花粉症

アレルギー性鼻炎は、アレルゲンにより、くしゃみ・鼻みず・鼻つまりなどの症状を呈する疾患です。スギ花粉症はアレルギー性鼻炎に含まれますが、鼻症状以外の眼の痒みも伴いやすく、日本で非常に多い疾患なのでスギ花粉症という1つの疾患名で呼ばれています。ダニのアレルギー性鼻炎は通年性に症状があり、スギ花粉症は初春のみの症状です。

治療の方法は?

治療薬の液剤か錠剤を舌下(舌の裏)に置きます。錠剤は舌下ですぐに解けます。1分または2分間(製剤により異なる)そのままにしておき、その後に飲み込みます。飲み込んだ後の5分間は、飲食やうがいができません。この治療を1日1回、毎日自宅で行います。基本は毎日行なう治療です。何日も行なわなかったり、したりしなかったりを繰り返しますと、効果が少ないだけでなく安全性に問題が出ます。

zekka002.jpg

治療期間は?

健康状態を把握する必要がありますので、1ヵ月に1回の通院が必要となります。安全性を考えて、何ヵ月分もの処方は行ないません。短期間の治療ではありません。私どもでは、1〜2年間での効果を確認して、効果があれば合計3〜5年間の治療を勧めています。効いているか否かも、1〜2年みないとわかりません。また、短期間で治療を終了すると、治療終了後の効果が持続しないと考えられます。

副反応(副作用)は?

zekka003.jpg

口の中にアレルギーの原因となるものを入れますので、アレルギー反応がでる可能性があります。このような副作用を副反応と呼びます。ダニの舌下免疫療法の副反応は、スギ花粉症の舌下免疫療法よりも高率に強く起こりますので、注意しながら治療をしていきます。稀ですが、アナフィラキシーと呼ばれる重い副反応が起こりえます。最も多いのは、痒み、違和感、腫れなどの口腔内の症状です。また、くしゃみ、鼻みずなどのアレルギー性鼻炎症状も出やすくなります。これらの症状は、治療開始直後に多く、治療開始から1ヵ月程度までに集中します。副反応の多くは、短時間で改善し、1週間程度たつと出にくくなります。その他、胃腸症状、眼や耳の痒みなどもみられます。口の中の腫れは長引いたり、広範囲に広がると薬などでの対応が必要なこともあります。

どんな方にお勧め?

スギ・ダニのアレルギー性鼻炎でお悩みの全ての方にお勧めですが、特に下記のような方にお勧めしています。

  • 症状が強く、薬の効果が少ない。
  • 治療薬がたくさんあるので、少しでも症状をよくするか、薬を減らしたい。
  • 眠気など、薬の副作用がある。
  • まだ若いので、これからずっと症状に悩むのか考えると心配。
  • アレルギー症状が勉強や仕事に支障となるので、少しでもよくしておきたい。
  • 鼻みずやくしゃみが問題となる職種についている。
  • 数年以内に妊娠の希望や予定はないが、将来に妊娠した際に薬が使えないのが不安。
zekka004.jpg

このような方には舌下免疫の適応がありません。

舌下免疫はスギ花粉症・ダニアレルギーの治療です。ダニやスギ以外の鼻アレルギーに対する治療ではありません。喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎などにも効果がありません。そして以下の方には治療ができません。

  • 重い心臓疾患のかた
  • 薬でコントロールされていない気管支喘息のかた
  • 癌の治療中または経過観察中のかた
  • 近いうちに妊娠を希望されているかた

  • 高血圧のβ遮断薬を内服中のかた
  • 4歳までの小児のかた(5歳からが保険適応です)
  • アトピー性皮膚炎の強い方、食物アレルギーの強い方

費用は?

舌下免疫の薬の価格は、他の治療や薬の処方がない場合には、医院での治療費と薬局での薬代で1ヵ月3,000〜4,000円の負担(保険3割負担)になります。1年を通じて治療をしますので毎月ほぼ同額の治療費となります。また、治療開始前の検査や1年に1〜2回の検査が必要となり、その際にも5,000円程度の検査費負担がかかります。舌下免疫療法を行っていても症状が出る可能性があり、その場合にも症状を抑える薬代などが必要になります。しかし、舌下免疫療法により、症状が軽くなれば、薬の量が減る可能性もあります。  

舌下免疫療法を考える前に必ずご理解下さい

アレルギーを良くしたい方が根気よく行う治療です

4週間に1回の受診が必要です。毎日自宅で1年中治療します。花粉症の飲み薬のように花粉症の時期の症状の悪い時に行う治療ではありません。継続して治療できない方は、効果が無いばかりか安全にできません。時々忘れる程度は大丈夫ですが、いい加減に行われると治療が中止されます。この薬はアレルゲンを精製した自然物ですので一般に使われている薬のような副作用はありませんが、アレルギー症状が出る可能性があります。(このような副作用を副反応と呼びます)これまでに致命的な副反応の報告はありませんが、誤った薬の使い方や治療計画を遵守しない使用法(適当に治療したりしなかったりするなど)による副反応の可能性があります。適切に治療すれば副反応があったとしても軽く安全ですので、治療を開始する方はできるだけ計画通りに治療を行って下さい。このように、残念ながら薬を飲んだり飲まなかったりする、仕事などで忙しいから長い間薬を取りに来院できないというような方には不向きな治療です。
治療はまず2年程行います。効果のある方はその後も継続して3〜5年の長い年月の治療となります。ですので、とりあえずやってみるかと思われた方にはこの治療は向きません。アレルギーを良くしたいと思われる方が、根気よく行う治療です。

舌下免疫すれば必ずアレルギーが完治するわけではありません

見込みとして、完治が20%程度、非常に効果的が30%程度、効果はあるが30%強程度、効果はないが10〜20%程度と予想しています。
これまでの経験から、約2割の方が花粉飛散期にほとんど症状が無いか、あっても軽微で短期間薬を飲めば大丈夫となります。完治に近いとまではいかなくとも、半分程度の方は非常に良くなり、薬の使用量も減って症状も軽くなります。これらの効果は、これまでの薬の治療には無い画期的な効果です。残念ながら1〜2割には効きません。長期間治療した結果で効かないことはこの治療の大きな問題点ですが、治療前に舌下免疫が効く方か効かない方かを見分ける方法や検査はありません。
数年以上治療して効果があれば、治療を終了してもその効果は長く続くと考えられます。また、その後に効果が減弱した場合に、再度同じ治療を行えば効果が戻ると考えられます。
開始してすぐに効果のでる治療ではありません。効果がでるまでに最低でも数ヵ月必要ですし、開始後1年以上かけて効果が高まっていくと考えられます。根気よく継続すると良いでしょう。
現在アレルギーに使われている薬を併用することは可能です。舌下免疫を行ってアレルギー症状があれば、これまでと同じ治療ができます。これまでの薬と異なり、全員で無いものの非常に良くなる方がみえるのがこの治療の大きな特徴です。

舌下免疫療法をお考えの方はどうすれば良いか?

治療を始める前に、採血などの検査が必要です。まず検査を行い、適切な時期(6月〜12月頃)に治療を開始します。効果的な治療のためには11月末くらいまでの治療開始をお勧めします。初回の受診のみ予約制となっております。当院で実際に投与し、30分の経過をみてから帰宅していただきますので1時間程のお時間がかかります。

いつでも開始できるの?

私どもは安全性を考慮してスギもダニも1月から5月での治療開始は基本的に避けています。ダニの治療をする方でスギ花粉症を合併している方は花粉の飛散期は身体の中のアレルギーの過敏性が亢進しているため、その時期を避けて治療を開始する方が安全です。また、ご自身ではスギ花粉症は無いと思っているかたでも、アレルギー検査をすると発症していない予備軍の方が多く見え、その中には治療開始後に発症する方も少なくないため、基本的には非飛散期に開始します。

〜舌下免疫療法を希望される方、もう一度ご確認ください☑〜

  • スギ花粉症やダニ・ハウスダストのアレルギー性鼻炎でお悩みですか?アトピーや気管支喘息の治療ではありませんか?
  • 1ヵ月に1回の通院が必要です。通えますか?
  • 毎日舌下投与します。治療期間も年単位です。根気よく治療ができますか?
  • 根治する方もみえますが、効果のない方もみえます。全員が根治する治療でないことを理解していますか?
  • すぐに効果のでる治療でないことを理解してみえますか?
  • 基本的には1月〜5月での開始を避けています。

zekka005.jpg

ページトップボタン